取引

手数料はかかるの?

FXの手数料・店頭取引
 この取引は、FX業者と顧客との相対取引ですから手数料の種類と額は業者によって異なります。
取引を行なうときには業者のところに口座を作らなければなりません。
普通は口座の維持管理手数料がありますが、日本の業者の場合は無料のところが多いですし、一般に、預け入れ金の額によって無料となるところも多いです。

 取引に関わる手数料は、取引手数料があります。
これは、普通は取引毎に支払うものですが、業者によっては一日定額などの場合もあります。
また、取引手数料を無料にしている業者もあります。
この他には、売買を行なうときの業者の提示する為替レートのスプレッドが間接的な手数料となっています。

為替スプレッドは、業者の提示する買い価格と売り価格が異なることで生じます。
これは、業者の提示する買い価格(顧客の売り価格)が売り価格(顧客の買い価格)より必ず安くなっていますので、この差が業者の利益となります。
上記の取引手数料を無料にしている場合は、この為替スプレッドによって間接的に取引手数料を支払っているということになります。

もう一つは、スワップポイントの売りと買いとの差です。
スワップポイントは、金利に相当するもので、高金利通貨を買って低金利通貨を売っているときには、買いスワップポイントが(顧客に)支払われますが、
逆の場合は売りスワップポイントを(顧客が)支払います。

このスワップポイントは買い(支払われる)の方が売り(支払う)の方より安くなっていることが多く、この差が業者の利益となります。
これも間接的な手数料と考えられます。
なお、為替スプレッド、スワップポイントは業者によって異なるのが一般的です。

FXの手数料・取引所取引
 この取引では、取引手数料がかかります。
しかし、為替スプレッドがありません(株式等と同じ扱い)ので、売り買いが出会うことで約定します。
また、スワップポイントも売り買い同額になっていますので、途中で鞘を抜かれることはありません。
FX初心者でもわかりやすい解説サイトがこちらにありますので是非参考にしてください。
Copyright(c) 2011 取引と株 All Rights Reserved.