取引

FXの売買単価って?

売買単位
 FXの取引では、最低の売買単位があります。
株式では、ある銘柄は1000株単位、別の銘柄は100株単位など最低の取引単位が決められていますが、FXでも同様に定められています。
ただし、FXの場合は業者毎に売買単位を定めているため、各人にあった業者を選ぶことができます。

さて、FXにおける売買単位ですが、以前は1通貨単位の100000倍(100000通貨単位)が多かったのですが、今では、1通貨単位の10000倍(10000通貨単位)が多いようです。
1通貨単位とは、例えばアメリカドル(USD)であれば1ドルのことをいいます。
そうしますと、例えば、ドル円が90円の時の最低の取引金額は10000通貨単位の場合では、90円×10000 = 900000円 ということになります。
ちなみに、この時の最低証拠金は、約45000円となります。

いろいろな売買単位
 業者によって最低の売買単位は異なりますが、一番小さい売買単位は、1通貨単位(例、SBI FXトレード)です。
この単位ですと、例えば、ドル円(USD/JPY)で1ドルから取引できますので、1ドルが90円としますと取引金額も90円となり、FX取引の練習と言っては失礼になりますが、損失も限られますので初心者には良いかもしれません。

 次は、100通貨単位(例、LION FXなど)があります。
この場合は、上記の例を流用しますと、ドル円(USD/JPY)が90円の時に取引金額は90000円ですから、それに要する証拠金は約4500円ということになります。
10円の損失で10000円ですから損失が出たとしても限られた額になります。
 先ほども記しましたように、10000通貨単位のところが一番多いようです。

FXがはじまった頃は、100000通貨単位が一般的でした。
今でもこの単位で取引されているところもあります。
この場合は、取引金額が900万円となり、最低の証拠金も45万円ほどになりますので、実際の取引では多額の資金が必要になります。
Copyright(c) 2011 取引と株 All Rights Reserved.